スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

ロック・ダウンな復活祭と、復活祭のご馳走たち

イエス・キリストが十字架に架けられて亡くなり、 その3日後に復活したのを祝うキリスト教のイベント「復活祭」。 英語でイースター。イタリア語ではパスクワ。 一年でいろいろあるイベントのうちでも、 キリスト教的には一番大事なイベントなんだそうだ。 キリストの誕生日であるクリスマスの方が 世界中でメジャーだから大事なんだと思っていたら、 そうじゃないらしい。 今年は4月4日の日曜日がその復活祭だった。 今年は、というのは毎年ちょっとずつ時期がずれるから。 「春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日」ということになっている。          復活祭といえばコレ! イースターエッグ。これはヘーゼルナッツ界のアンジェロ・ガヤと呼ばれる             「Papa dei Boschi」の卵。極上ヘーゼルナッツがこれでもか!というほどくっついている。 そんな復活祭を、イタリアでは2年連続 ロック・ダウンで迎えることになるなんて、 いったい誰が予想していただろう。 イタリアは今、第3波の真っ只中で、 ワクチン接種も遅々として進まず、なかなか大変な状況にある。 イタリアにどんなふうに第3波がやってきて、 どんなふうに人々が過ごしているかは先日、 東洋経済オンラインに書いたので、読んでみてください。 コロナのない、普通の状況なら、イタリアの復活祭は 家族親戚一同で集まってご馳走を食べ、楽しい1日を過ごす。 一族のお母さんやおばあちゃんが腕によりをかけてご馳走を作り、 食べろ食べろ攻撃で大変だ、という人も少なくない。 テーブルには無実・潔白のキリストを象徴する子羊(や子ヤギ)、 繁栄のしるしのウサギ(子沢山だから)、 そして復活や命の誕生を象徴する卵を使った料理が並ぶ。    例えば私はラムチョップが大好きなのだけど、今年は庭のタイムとニンニクを混ぜたパン粉をまぶして焼いてみた。 卵って、チョコでできたやつだけかと思ったら、 ゆで卵にしてゴロゴロ丸ごと入れたりする料理やパンが各地にあって面白い。     これは友人作「トルタ・パスクワリーナ」。リグーリア州の伝統復活祭料理で、ほうれん草、または春の野草・るりちしゃと   ゆで卵がゴロゴロ入っている。 カラブリア州在住の澤井英里さんは、 嫁ぎ先の食文化をしっかり継承しようと、 伝統料理をバッチリ作って復活祭を祝っている。 澤井さん

最新の投稿

「ヘーゼルナッツ界のガヤ」と呼ばれる男の話

そして1年がたった。続・コロナウイルス7

イタリアのヴァレンタインデーちょい事情と、バラと環境問題

イタリア前首相ジュゼッペ・コンテという人