スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

フェーズ2な暮らし。続・コロナウィルス6

ロックダウンの段階的な解除が始まって 1週間が経った。 ミラノでも、トリノでも、人出が多すぎるから、 場所によって部分的に再度閉鎖も検討、というニュース。 毎日公園に行けるようになって楽しい気分ががっくり沈む。 いい子にしていないと、 またコロナがやってきますよ、と 脅かしているだけだと思いたい。
5月4日(月曜日)
「ロックダウン解除なのですね!  よかったですね。日本は延長になってしまいました。泣」 というようなメッセージを友人知人からいただくのだけど、 解除と言っても、今のイタリアよりも、
自粛中でも今の東京の方がずっと自由。
解除になったのは、前回も書いたとおり、 製造業や建設業など一部の職業のみ。 お店は相変わらず食料品店、薬局、タバコ屋、 雑誌スタンドなどしか営業していない。 ただし感染状況を見て、州ごとに判断し、違う対応をしている。 地域によっては文房具屋、書店なども営業していたり、 うちの近所でも花屋さんが開いているのを見かけた。 飲食店は今までデリバリーだけだったのが、 テイクアウトもオッケーになったけど、 感染状況があまり改善していないトリノでは やっぱりデリバリーしかだめ。 (その後追加でオッケーになった)。 美容院もレストランもショッピングも、 まだまだしばらくお預け。
美容院や歯科医はかなり近くで接触するので、 営業再開の前にPCR検査をして陰性が 確認できたら再開、ということだ。
でも、今までは自宅から200mの範囲しか 外出できなかったのが、公園に出かけてジョギングをしたり、

最新の投稿

アカシアのフリットはニセモノ?