スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

そして私もコロナになった

  3度目の春がやってきて感染者もどんどん減り始め、 欧州ではイギリスやオランダがまず、完全にコロナ規制を解除し始めた。 一方イタリアはかなり慎重派で、4月いっぱいは 室内でのマスク使用義務やグリーンパス(ワクチン証明)の 携帯義務などが続いていた。 そんな状況と並行してウクライナで戦争が始まった。 イタリアの人たちも、私自身も、頭は地続きのすぐそこにある 戦争のことでいっぱいになり、コロナは頭の隅っこに押しやられた。 そして5月1日からは、ほとんどの場所では室内でも マスク着用義務が緩和されたイタリアで、 ある日私はコロナに感染していた。 5月4日水曜日   書かなければいけない原稿がいくつもあるのに、 なんだかやる気が全く起きず、午後からソファに転がって ずっとネトフリ三昧。ダメじゃん、明日は頑張ろう。 ちょっと喉がイガイガするなあ。今思えば、これが発症前夜? 5月5日木曜日   朝起きてみると熱が38度。翌日6日には、 大学のためにアパート暮らしをしている娘が来る予定だったから、 イタリアで一般的な解熱剤タキピリーナ(パラセタモール系)を飲んで 熱を下げ、念の為薬局へ検査をしに行く。 今のイタリアでは、薬局へ行けば15ユーロで抗原検査が受けられる。 コロナの嵐が吹き荒れていた時は、 予約を取るのも2週間先なんて言われ意味ないじゃん、 というほど大変だったけど、 今は朝電話してその日のうちにすぐできる。 予約の時間に行くと、別室に案内されて薬剤師の先生が チャチャッと綿棒を鼻の中に入れてグリグリ。30秒で検査終了。 15分以内に結果のメールが送られてくる。やっぱり陰性。                        薬局からメールで送られてきた陰性の検査結果。 この2年半のパンデミック下で、何度かあれ、コロナ? ということがあって、 何度か検査を受けたけれど、いつだって陰性だった。 今回もどーせ違うだろうと思っていたら、やっぱりただのインフルだったんだ、 とその時は思った。 ちなみにイタリアではインフルエンザの検査は基本的にしない。 熱が出て辛ければインフル、鼻風邪程度なら風邪、と各自勝手に言い分けている。 さて、ただのインフル(?)と分かっても、解熱剤の効果が切れると 熱はまたどんどん上がる。夜には39度オーバーに。 娘が電話で、最近コロナになって回復した人で

最新の投稿

コロナな日々に希望が見え始めた冬の終わり、戦争が始まった。

ついにワクチン義務化のイタリア

温暖化がやばいといわれても、いったいどうしたらいいのかわからない。

発酵っておもしろい!