スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

トリノよいとこ一度はおいで〜 誰も知らないめちゃうまジャンドゥイオット

トリノ人のことをイタリア語でトリネーゼという (トリノの、トリノ風の、という意味もある)。 トリノが州都のピエモンテ州民はピエモンテーゼ。 ミラノの人のことはミラネーゼと言うんだよ、というのは もはや日本の皆さんご存知だと思うけど、 ミラノが州都のロンバルディア州の人はロンバルデーゼ、 じゃなくてロンバルド。 イタリア語の文法は難しいので有名だけど、こんなのは序の口の序の口。 さて、そんなトリネーゼの血の中に、もしくはDNAの中には、 ジャンドゥイオットが入ってるんじゃないか。 私は常々、そう思っている。 ジャンドゥイオットとはご存知、トリノ名物のチョコレートで、 カカオにヘーゼルナッツのペーストを混ぜ込んだ、 それはそれはおいしいチョコレートでございます。 トリノは、道を歩けば、ジェラートも、ケーキも、 クレープもパンケーキも、果てはコーヒーまで、 ジャンドゥイオット風味のもので溢れている。 この前は、なんと、ジャンドゥイオットクリームを挟んだ どら焼きに遭遇した。近年の日本料理ブームで、 ついにどら焼きもポピュラーになったのだけど、 日本を代表するお菓子でさえも ジャンドゥイオット味にしちゃうのがトリネーゼなのだ。    ジャンドゥイオット。この形、この包みは、どのお店も共通。著者撮影 「名物だからあっちこっち使っちゃお」という観光戦略的なノリではなく、 好きで好きでしかたない、だって血が騒ぐんだ、 いつもいつも食べたいんだもん、だからどこもかしこも ジャンドゥイオットだらけにしたいのよ、だって無しでは 生きてはいけないの、そんな感じ。 だから私は、トリネーゼの血やDNAにジャンドゥイオットが 含まれているんじゃないかと、ずっと疑っているのである。 そんなジャンドゥイオットが生まれたのは、1865年のこととされている。 発明したのは、トリノで、つまり世界で最初に固形チョコレートを作ったとされ、 今では日本にまで進出している「カファレル」。 え、えー? トリノが世界で初めて固形チョコレート? と思った人は、 次回続きを、トリノでチョコレートが生まれた話を書きますので 乞うご期待。長くなっちゃうので、今回はジャンドゥイオット限定です。 1865年に発表されてすぐに人気が爆発したということだけど、 考案されたのは実はもっと前で1852年だそうだ。 イタリア統一運動の混

最新の投稿

ロックダウンなクリスマス、そしてワクチンがやって来た!