スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

コロナよ、日本に帰りたいよ。

3月4月のイタリアは、コロナウイルスの感染拡大がものすごくて、
先日の日経新聞も書いていたけれど、まさに「地獄」の日々だった。実際には、ロックダウン中で家の中にいる限り安全だから(そして家の中にいることしかできなかったので)地獄を体験しているというよりも地獄を間近に見ている、でもそれはいつ、実体験に変わるかわからない、そんな恐ろしさのある日々だった。
毎日夕方6時になると、市民保護局長が記者会見をして、その日のデータを発表していた。毎日毎日休みなく定時に記者会見して、お疲れだろうな、免疫力下がってコロナに感染しないといいけど、と思っていたら、3月の後半に発熱のため自主隔離、という発表があった。でも検査をしたら陰性ということだった。
新規感染者数も犠牲になった人の数もうなぎ上りで、3月19日には死者数を、3月27日には総感染者数で中国を追い抜き残念な世界一になってしまった。あの頃はイタリアの前を走っていたのは中国だけだったんだから。その3月27日の死者数はなんと969人で、アイホンの画面を見ながら、「もうやめてよー」と思わずつぶやいた。だからあの頃は、毎日、6時のニュースを見るのが怖かった。
さいわい、毎日の犠牲者数は1000人を超えることはなく、少しずつ減少の方向へ向かって行った。
5月にロックダウンが解除後は、感染が低く抑えられるようになって、いつもよりは控えめながらバカンスも過ごしたりして、そんな怖さを少しずつ、忘れかけていた。コロナの存在は相変わらずあって、マスクを持っていないとレストランやお店などには入れないし、ニュースでは相変わらず、コロナ関連が圧倒的に多いけど、この前はスーパーのレジで間を詰めて並んでしまって、前の人にふり向かれたりして。
バールでのお茶をするときも、必ずマスク着用、ソーシャルディスタンスで窮屈だ。
ところが最近、6時のニュースが気になる日々が、また復活している。夏のバカンスの影響が出ているのか、毎日の感染者数が少しづつ増えて、8月26日には1,000人代を突破してしまった。同じ日のフランスではなんと5,429人で、

最新の投稿

リグーリア州の小さな海の町、バカンスとサステナ農業

コロナウィルスで続いた6ヶ月の休校、そして再開。

ニューズウィーク・ジャパンで連載始まりました。

#トリノよいとこ一度はおいで〜食いしん坊な王様達が残した美味しいもの その1 「グリッシーニ」

第二波はやってくる?