スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

ロックダウンとジャムの味、そしてイタリアのコロナな夏

毎朝、この季節であれば7時頃に起きだして、車で15分ほどの大きな公園にグレースを連れて散歩に行く。ほんとうは遅寝遅起きタイプの私だけど、8時を過ぎると気温が高くなって、グレースにとっては暑過ぎるからしかたなく頑張っている。グレースはとても優しい目をしたラブラドール・レトリバー、7歳のお嬢さんだ。
今朝は時間がなくて、その公園ではなくて家の近所を散歩していると、一軒の家から年配の男性が走り出てきた。私と一緒に立ち止まったグレースは、ちぎれんばかりに尻尾を振っている。よく見るとロックダウン中にこの辺を散歩していて、何度も会ったおじいさんだ。
ロックダウン中は犬の散歩も自宅から200m圏内と規制された上に、公園も閉鎖になっていから、毎日家の近所を歩くしかなかった。そんな日々に、ほぼ毎日すれ違い、挨拶を交わし、グレースを可愛がってくれた人だった。
ロックダウン中よく歩いた家の近所の散歩道。
「グレース!おいで!! 久しぶりだねえ」と目を細くするおじいさん。そして私に「こんな格好でごめんね、シャワーを浴びたばっかりで」と上半身裸なのを謝る。私とグレースが通りかかるのを見て、慌てて飛び出してきたんだろう。ロックダウンが解除され、レストランや商店が営業再開するよりもまず先に公園の閉鎖が解除になった5月4日以来、近所の散歩はたまにしかしていないから、2ヶ月以上ぶりに見かけたグレースだったというわけだ。
「ちょっと待ってて」と言って家の中に戻ったおじいさんは、庭の木にたくさんなりすぎたんだと言って、カゴいっぱいの生のプルーンをくれた。そして、くしゃくしゃにグレースの頭をなぜた後、またね、グレース、と言って家の中に入って行った。
まだ散歩の行きがけだった私は、

最新の投稿

#トリノよいとこ一度はおいで その3「アンティケセーレの世界一のパンナコッタ」

#トリノよいとこ一度はおいで その2「トリノ1私が好きな店」